キャットフードリサーチャー
キャットフードリサーチャー

ジウィピーク

商品画像

総合評価

(3.7/5)
添加物不使用
穀類の安全度
ヒューマングレード
肥満予防
アレルギー予防
ジウィピークを詳しく見る >>

ジウィピークは、天然の生肉や魚介類、緑イ貝をメインで使用した高品質なキャットフードです。

原産国はニュージーランドで、穏やかな気候で育った新鮮な食材のみで作られているので、かなり良質な栄養を摂り入れることができます。

しかも、使用している食材にはほとんど手を加えず、天然のままの状態で配合されているので、まさにナチュラルフードの代表ともいえるでしょう。

当然「ヒューマングレード」「グレインフリー」「人工添加物不使用」のスペックももっており、猫に必要な栄養だけを摂り入れることができるので、キャットフードとしてのレベルはとても高いといえます。

今回は、そんなジウィピークの特徴や原材料、安全性を紹介していきます。

ジウィピークの特徴

ジウィピークの特徴
ジウィピークの特徴は、なんといっても肉原料の含有量が多いことです。

今回紹介しているキャットフードは、ジウィピークの中で 1 番人気の「ベニソン」という商品ですが、生肉・内臓・魚介類を合わせて全体の 98 %も配合されています。

つまり、ほとんどが肉原料で構成されていて、肉食動物の猫にとって最高のキャットフードといえるでしょう。

実際に、成分分析値を見てみると、粗たんぱく質は 45 %とかなり高い数値になっています。

これは、プレミアムフードとして人気の「カナガン」や「モグニャン」を超える数値になっていて、当サイトで紹介しているフードの中でもトップクラスのたんぱく値といえます。

脂質に関しても 25 %と高含有量になっているので、ジウィピークはダイエット向けというより、お肉が大好きで元気いっぱいに走り回りたい猫に適したキャットフードといえるでしょう。

ちなみに、商品名にもなっている「ベニソン」というのは鹿肉のことで、高たんぱくなうえに鉄分が鶏肉の 9 倍もある栄養価の高いお肉です。

アミノ酸の栄養バランスもよく、ビタミンAも豊富に含まれているので、キャットフードに最適な食材です。

ジウィピークには、そんな鹿肉の身の部分に加えて「レバー」「ランプ」「ハツ」と栄養満点な部位も入っているので、お肉好きな猫にとって贅沢ができるキャットフードともいえますね。

ジウィピークは消化率95%以上のキャットフード

ジウィピークは消化率95%以上のキャットフード
ジウィピークの特徴を紹介しましたが、もうひとつの魅力は消化率が驚異の 95 %もあることです。

消化率が高いということは、それだけフードの栄養を吸収しやすく、排便の量も減らすことができるということです。

実際に、ジウィピークは消化率の試験をおこなっており、検査機関の「Massey University of New Zealand」という機関によって証明されているようです。

統計分析は、以下のようになっていますね。

代謝エネルギー (ME) は、消費エネルギー総量から糞便のエネルギー量を引いて、尿中に損失したエネルギーを修正することで分析します。代謝エネルギーは下記の方法で算出します

ME (kcal/kg) = (a X b) – (c X d)-[(b X e/100)-(d X f/100)] X g X 1000

a.食事の総エネルギー (kcal/g)
b.フードの消費量 (g)
c.糞便の総エネルギー (kcal/g)
d.糞便量 (g)
e.食事中のタンパク質 (%)
f.糞便中のタンパク質 (%)
g.修正要素 (犬) = 1.25 kcal/g

個々の犬の体重を基に計算した総食事量は、乾燥物で1639 to 1960 g でした。5日間の検査期間で収集した糞便の総排出量は、乾燥物で302 to 373 g でした。

平均 ± 標準偏差 エネルギー消化率は、95.51 % ± 0.002 、タンパク質消化率は 95.60 % ± 0.002.と算出されました。

ジウィピーク公式サイト

実験は犬でおこなったようですが、消化率の算出方法は猫も同じため、消化率が高いフードということには変わりありません。

猫の健康管理をするうえで、ウンチの状態や量というのは、大事な指標になるものですが、ジウィピークを食べてウンチの量が減ったのなら、それは栄養が十分に吸収されている証拠ということになるため、健康維持にはかなり役立つキャットフードといえるでしょう。

ジウィピークのエアドライ製法とは?

ジウィピークのエアドライ製法とは?
ジウィピークが肉原料の豊富なキャットフードだということはわかったと思いますが、98 %もの含有量を実現するために「エアドライ製法」という作り方を採用しています。

エアドライ製法というのは、新鮮な生肉、内臓、魚、緑イ貝をゆっくりと混ぜてひき肉状にし、必要なビタミン、ミネラル、天然の炭水化物を加えて乾燥させる製法のことをいいます。

通常のフードなら、高温で乾燥させるのに対して、ジウィピークは低温で何時間もかけて正しい水分活性値になるまでゆっくりと乾燥させます。

これにより、天然食材に含まれる栄養素を逃がすことなく凝縮できるので、栄養価の高いキャットフードが出来上がるというわけなんです。

しかも、ジウィピークのエアドライ製法による栄養価の高さは、農業調査機関「Agreseach」の調査によって証明されているので、信頼できる製造方法といえるでしょう。

ジウィピークの口コミ・評判

ジウィピークは、有名なキャットフードなだけに、良い評判も悪い評判も存在しています。

フードを新しく切り替えるときは「口コミを参考にする」という飼い主さんも多いと思うので、大手通販サイトの amazon や楽天の商品レビューを参考に紹介したいと思います。

ジウィピークの良い口コミ・評判

白血病キャリアの猫のためにこのフードをずっと与えています。値段はお高めですが、このフードのせいもあって6歳になっても元気です。ほぼ体に栄養として吸収されるので、他のフードより量は少なく与えます。ウィルスキャリアの子や病気予防の為にこのフードを混ぜて与えると効果があると思います。
amazon

初めて購入しましたが、お肉そのもののジャーキーのようです。
香りがそそられるようで、我が家のにゃんこは大変喜んで食べています。
最近は袋を開ける音だけで走ってきて、くれくれと要求します。
楽天市場

穀物とチキンとサーモンがダメで腸も弱い生後7ヶ月の子猫のために、ベニソンやラムのドライフードがあるこのメーカーは重宝します。
現在、他のメーカーのものから、少しづつ切り替えていますが、切り替え初日から下痢もなく、むしろ良い便で、消化の良さを感じています。あまり多くの量を食べられない子ですから、カロリーが高く、少量で栄養素が補えるところも嬉しいです。ただ、お値段がもう少し安ければ、と思います。
楽天市場

良い評判で多かったのは「ウンチの状態がいい」「食いつきがいい」ということです。

やはり、お肉の配合量が多く、天然食材を使用しているので、猫もおいしく食べているようですね。

また、猫にとってお肉というのは主食で消化の早い食べ物なので、健康的なウンチを作り出すのに最適なフードといえますね。

ジウィピークの悪い口コミ・評判

好きな子はすごく好き!!2匹が好きです。 でも・・・残り7匹食べません 嫌いな子は全く見向きもしません。 おやつ感覚で上げてます
楽天市場

うちのネコは、新しいドライフードにしても最初は食べても、すぐ飽きてしまい、ウエットやふりかけをかけてなんとか食べてもらってます。
ドライフードのみで飽きず食べてくるものはないかといろいろ探していたら、これは、絶対好きなんじゃないかな!と思い期待を込めて購入しました。
においも、野生的な感じで見た目もジャーキーフードのようでこれは美味しそう!と思ったのですが、最初は食べてくれたのですが、すぐ飽きてしまういつものパターンでした。
私はとても気に入っていたフードなので、残念です。
楽天市場

悪い評判で共通していることは「好き嫌いが分かれる」ということですね。

キャットフードとしての質はとても高い商品ですが、今まで市販のフードを食べていた猫にとっては、お肉の多さに違和感を感じるようです。

また、粒がジャーキーのようになっているので、多少の食べにくさもあるのかもしれませんね。

ジウィピークの安全性

冒頭でも書きましたが、ジウィピークは「ヒューマングレード」「グレインフリー」「人工添加物不使用」のスペックをもっているので、安全性に問題ありません

また、製造に関しても、ニュージーランドの食品安全当局「NZFSA」の管理システムに従い、微生物の発生を厳重にチェックされており、ドッグフードではお馴染みの HACCP 認定を受けた工場で作られているので、徹底した品質管理がおこなわれています。

ジウィピークを詳しく見る >>

ジウィピークの口コミ

口コミは 1 件です。

  1. いいフード より:

    はじめて食べさせたときに、便の色が黒っぽくなっていたのでビックリしましたが、お肉の影響みたいです。
    食いつきもよく、下痢や嘔吐はなかったのでうちの猫には合っていました。
    価格が高いので今はほかのフードに変えちゃいましたが、また食べさせたいフードのひとつです。

    Rating: 4

内容に問題なければ、下記の「コメントを投稿する」ボタンを押してください。

※コメントは管理人の承認後反映されますので、お時間がかかる場合がございます。
また、誹謗中傷や商品に関係のないコメントは承認しかねますのでご了承下さい。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ジウィピークを詳しく見る >>

ジウィピークの基本情報

販売元 レッドハート株式会社
容量/価格 400 g / 4663 円(税込)
定期価格 なし
原産国 ニュージーランド
メイン食材 生肉(鹿肉)
原材料 生肉(鹿肉)・内臓・魚介類 98 %(ベニソン生肉、ベニソントライプ生肉、ベニソンレバー生肉、ベニソンハート生肉、ベニソンラング生肉、ベニソンキドニー生肉、ベニソンボーン、ニュージーランド緑イ貝)、乾燥海草、ミネラル類(マグネシウムアミノ酸複合体、亜鉛アミノ酸複合体、銅アミノ酸複合体、セレン酵母、マンガンアミノ酸複合体)、ビタミン類(B1、葉酸、D3)、酸化防止剤(天然ミックストコフェロール/ビタミンE)
成分分析値 代謝エネルギー 470kcal / 100g、たんぱく質 45.0 %以上、脂質 25.0 %以上、粗繊維 2.0 %以下、水分 14.0 %以下、灰分 8.0 %以下、コンドロイチン硫酸 1300mg / kg以上
対応年齢 全猫種、全年齢対応
ジウィピークを詳しく見る >>

Facebookページも見てね